クレジットカードというものを使えるようにすることを望む場合交付希望者である当人が申込可能な歳だというという必要がございます。特例はもちろんないわけではないのですが、原則的に18歳から65歳程度の範囲の希望者がターゲットと定められている事実に注目して欲しいと思います。20歳未満は親の承認してもらうことが必要:まずお伝えできるのは高校三年生にあたる18歳より年少の場合には、クレジットカードの所持は受け付けてくれないと考えて頂いた方が賢明でしょう。義務教育修了と早くから雇用されてお金を稼いでいる苦労人の方も多くいらっしゃると思うが車両の免許証というようなものと同じで規則で定められた歳に達するまでの間においては携行は難しいと思った方が適当だと言えます。18才や19才であるというケース:所有希望者が仮に18歳もしくは19歳の場合には並外れて収入の多い職業に就職しているおかげで給料が高いケースでも、両親の同意を得ることが前提条件となるのが普通なのでこちらも留意することが肝要です。ところで、大学生もしくは専門学校生といったような学生に対して学生専用カードなどと呼称されている学生を対象とするカードが準備されているのでそのようなカードを希望する方が確実です(学生カードに対する申請以外の場合申込が通らない可能性が高いこともあります)。また、自らクレジットカードの手続きをしなくても父、母といったご両親の面々が所持している最中のカードの家族カードという他のやり方で保持させて貰うなどという手段などもできる故、何かにつけ小遣いについての管理が煩わしいものであると感じてしまうようならば協力を頼んでみるというのも効果的である。18歳の誕生日を迎えた以降の状態であっても高校の学生はプロパーカードを持てない⇒ちなみに、もしも18才になったからといって高校に通う生徒はプロパーカードを基本上は使用するなどということは不可能です。しかし、仕事に直結する訓練について身につけるために存在する特殊な3年制でない高校もしくは修了に5年以上かかる高等教育機関(服飾系専門学校などの学校)のケースであれば夜間高校の生徒でも学生専用カードの交付に関しては承認される状況があるのでカードが欲しいということがあれば各クレジットカード会社のフリーダイヤルで電話をかけてみて下されば知りたいことがわかるでしょう