使わないカードはコントロールが不十分になっていきます:運用していないカードといったようなものはどうあがいてもそのカードの扱いがアバウトになってしまうなっていく動向にあるリスクが高くなります。使い方が足りなくなればもちろんカードの利用状況は監視しないでいるようになってしまうし、場合により所持しているクレカを一体どの引出しに保存しておいていたのかということすら覚えていられなくなってしまう事すら想定できると思います。こういう事になると最悪の場合他者が不法にあなたのクレジットを使っていた場合でも使っていた事の発覚が後手後手になってしまうリスクさえも消せないのです。後で、数十万という通知書が家に着いた時には悔やむしかないという感じにさせまいようにするためには必要でないクレジットは必ず契約破棄するに越した事が存在しません。また、クレジットカードを知っている貴方にかかれば『だけども盗難保証に加入しているから大丈夫なんでは・・・』といったように思われるかもしれない。と思いきや盗難保険にも使えるの有効期限というのが作られており、一定の期間内でないなら保障の適用対象となりません。つまり扱いが甘くなるということは適用期日さえもオーバーしてしまう可能性が出てきてしまうという根拠のため警戒が肝要です。クレジットの関連会社から見るとイメージもよくなくなる…運用者の立場というのではなしにクレジットの企業から考えるとイメージもよくなくなるという点もある意味不利な点だと思われます。誇大な言い方をしてみるとクレジットカードをきっちりと発行していたのに一切駆使して行く気配もない使用者はクレジットの会社組織の人が見てみるとコンシューマーでなくただの無駄遣いする人になるのです。クレジットの関連会社に対するお金を一向に与えてくれないままであるのに、維持コントロールにかかってくる費用だけはちゃっかりはらわなければいけなくなるしまう可能性が高いからです。このような1年間を合計しても使用してくれない活用者が、ふと携帯しているクレジット会社の他のクレカを発行しようとしたとしても、その企業の査定で落ちてしまうリスクがあるのかもしれません。なにせキャッシングの企業の思考からいうと『いずれにしろ再び給付してあげたところで駆使しないのだろう』という感じに思われてしまってもしょうがないため、となってしまうのです。やっぱりそうではなく運用しないとするのならば用いないで、クレジットカードを解除してしまうユーザーの方がカードの会社組織にしたら好都合という訳で、利用しないカードの解除は是が非でも、精力的に行ってもらいたいなと思います