カード使用料の口座引き落とし遅れが多い>支払いの不履行をしていない場合でもカード代金の口座引き落とし日時点で銀行口座残高が足りず、請求金額口座引き落としが不可能という事象が起こっている場合にはは、カード発行会社のほうが『慢性的に預金不足のようである』というように予想してくるために強制退会という事態になるケースがあります。余力はたっぷり有しているのに悪気はなく残高不足になったしまった・・・ということを繰り返していてもカードの発行会社にしてみれば信用できないというクレカ契約者というランクになってしまうために多額の借入をしているしていないによらず強制没収という処理がされてしまう場合もあるので十分注意しましょう金銭にだらしない会員への採点というものは高い確率で低いのだ。加えて、一回でもこんな利用料金の口座引き落としができないということが出ますと、クレジットカードの期限切れまで使えても次からの継続更新がしてもらえないケースということもあります。それだけ重要なことだと把握して、口座引き落とし日というものは逃さないようにして欲しいと思います。キャッシュ化等を使用する》クレカのキャッシング利用枠が足りず、もうカード会社から貸してもらえないために、クレジットキャッシュ化とと呼ばれるショッピング利用枠を用いた手段を使った場合、そのことによりクレジットカードの強制失効という扱いになってしまう事例も存在します。基本的にはクレジットカード会社は契約において換金を目的としたカードの決済は許容していないためにクレジットカードの現金化を目的とした利用=契約内容違反=没収という事態に陥ってもおかしくないのだ。よく考えずにお金が必要だからといってキャッシュ化を使うと分割払いの残りの一括支払い請求などというものをもらってしまう事例ですらありますので、絶対に使用しないようにしてください。