現金化を目的に新幹線等の乗車チケットの類をいっぱい決済すること:ショッピング枠の現金化というもの使用しないで、利用者自らが換金目的のクレカを使用することでも同じです。キャッシュ化する方法を目的としているクレカショッピングは、クレジットカードのルール違反扱いになってしまうことが理由です。大量の列車等の乗車チケットであったり切手購入等においてのクレジットカード利用をすると、最悪現金化する目的なのではないか、などとマークされてしまう場合などもあり得るため配慮が必須ですもし、利用時にキャシング額というものが上限となってしまっている利用者のケースは列車等のチケットを決済することにトライするだけであってもクレカの会社により確認が来るというケースがあるから、金欠時の決済については出来なくなってしまうのでしょう。資金に困っている際において企む方法はみんな、一緒なのです。カード発行会社から見て芳しくない利用法をしてしまうこと》一昔前に話題だった『永久機関』というようなカードの発行会社にとって全然利益となることのない規約に反した使用をしてしまうと、クレジットカード会社によって強制失効という扱いになる事例がある。インターネット上で噂になった購入ポイントの不正搾取等の一般には知られていない情報というものがあったとしてもそういった行為は間違えなくクレジットカードの規約に反する行為になるから何があっても使用してしまわないようにしないほうがよいでしょう。強制没収の契約情報は他のカード会社も知りうる●クレジットを強制退会させられたとしても、別のクレジットカードであれば使えるんだから、ひとつならば良いのではないか??などと思う方、昨今の情報流通社会にあってはその思考は信用を失う危険があります。なぜなら、まず強制失効となるようなケースの場合には、クレカの会社が確認出来てしまう信用情報というものに事故データが記録されるので強制退会された人の信用情報は地に落ちる事態もあるからです。いずれかただの1枚でも強制退会となってしまうと、以後クレジットカードでさえも契約しにくくなりますしともすると現在有しているカードまで強制失効扱いとなる可能性もなくはないでしょう。それは免れて引き続き利用できるようでも使用期限満了になると自動退会となることもあります。述べたように、失効となるほどの使用方法はどんな理由があってもなさらないよう、ルールに則ってクレカを利用してほしいと願います。